為替介入の仕組み

  • 更新日:
  • 為替介入

a0002_001041.jpg

為替介入は日本銀行が実施するもので、自国の貨幣価値を維持するためのものですが、やり方がどうなっているかご存じですか。日本の為替介入を正式に言えば外国為替平衡操作となります。円の対外為替レートを操作するためにするものです。為替の相場は毎日のように上下動し、常に変動していますが、この変動が極端すぎるような場合にはいきすぎた動きから自国通貨を守り、安定に導くためのものです。市場に対する為替介入に関しては、日本においては財務大臣が決定者となります。

大臣の指示がくだると、日本銀行が実際の為替操作を行ないます。日銀介入をいう言葉をよく耳にしますが、実際には権限があるのは財務大臣なのです。誤解されやすい言葉でもあるので注意したほうが良いでしょう。為替介入をするための資金は、外国為替資金特別会計といって財務大臣が管理する政府のものが使われます。つまり、介入のための資金はあくまで政府の資金であり、日銀が所有する資金ではないという点がポイントです。円売り・ドル買いの為替介入を行なう場合には、政府短期証券の一つである外国為替資金証券を発行し、介入のための資金を調達します。

外国為替資金証券は無制限に発行させないために、年度毎に発行残高上限が決められています。ドルを売って円を買うような介入の場合には、実際の取引としては、外国為替資金特別会計が有するドルを売って円を買うことになります。今耳目を集めているのは、ドルを買い円を売る介入の方です。通貨発行権を有する政府であれば、問題なく円資金を調達してドルを買うことができるような気がするでしょう。実際にはやりすぎると円高が進行して止まらない場合に損をしてしまうので、どんどんドルを買えば良いというわけではありません。為替介入をするときには、どの程度まで許容するのか、購入したドルをどう運用するのかなど様々な課題があります。

為替介入の効果

  • 更新日:
  • 為替介入

為替介入とは、日銀が一定の目的を持って外国為替市場で通貨売買を行うことをいいます。たとえば、円売りドル買いの取引を行ない、過度な円高が進まないように円売り介入を行ないます。普通の場合、為替介入は自分の国の通貨を守るために一国だけで行なうものですが、時には複数の国の通貨当局が協議して同時に介入を行なうことがあります。アメリカの膨大な貿易赤字を減らすことを目的として、1985年に各国が協調して行なった為替介入などがその例です。

発表翌日にはドル円レートが1ドル235円から約20円下落したそうです。為替介入の規模はその時の為替レートや相場にもより変わります。2003年から2004年にかけて日本は37兆円もの介入をしました。大規模な介入も関わらず、2004年には1ドル103円台まで円高が進んだため、介入の効果は疑問視されましたが、もしこの介入がなかったら更なる円高が進んでいたでしょう。為替相場のトレンドをすぐさま変える力はないものの、介入は長期的に効果が効いてくるようなものと言えそうです。

為替介入にはいくつかのやり方があります。単独介入とは、たとえば日本が自国だけで介入することを指します。委託介入というのは、たとえば日本が外国に為替介入を委託して為替介入を行なうことを指します。協調介入というのは複数の通貨当局が協議のうえで行う為替介入です。口先介入というのは政府などの要人が通貨のことに対して口先だけで介入することです。日本以外の国では口先介入だけで相場が動くことが多いようです。日本は構造的に円高になりやすい国なので、為替介入をして自国の通貨を守っているのです。

為替介入とは

  • 更新日:
  • 為替介入

ニュースなどで、為替介入という言葉を見たり聞いたりした方もいらっしゃるでしょう。為替介入とは、どのようなことをすることなのでしょうか。為替介入とは、政府や日銀などの通貨当局が、通貨の売買を行なうことを通して外国為替市場に影響を与えることを言います。為替介入は、為替レートやその動向に対して影響を及ぼすことを目的として行なわれます。

為替相場が混乱して行き過ぎた円高水準になったとします。政府日銀は円を売りドルを買うという手段をとります。ドル買いすることで、円の売り需要が発生し相場は円安へと向かいます。為替を円安に向かわせるための介入は円売り介入と呼ばれています。一方で、急激な円安の場合に行う介入もあります。政府が保有するドルを売却し、円を買い戻すことで、円高に向かう流れを作るのです。

日本はどちらかと言えば輸出超過であるため、円安になると企業は収益が上がり、円高になると減益となります。日本企業も最近では海外生産拠点を作ったりするなどして円高対策を行なっています。このため昔よりも円高への対応力がついてきています。想定以上の円高になると企業収益はマイナスになってしまいます。日銀が行う為替介入は今までずっと円高時に行われてきたようです。

FX為替取引の準備

  • 更新日:
  • FX

point300.jpg多くの人がFXをするようになって、取扱業者も増加しました。業者選びは、FX為替を始める際の最初のステップです。FXや株など、お金が関係している物事に関しては、悪徳業者がひそんでいるのが世の習いです。タチの悪い会社を選択してしまった場合、資産運用がうまくいくどころか、預けていたはずのお金がなくなってしまったりもするようです。金融庁のホームページなどをチェックして、金融会社としての登録がされているか、資産保全や自己資本規制比率は問題ないかなどをチェックしてください。

デモトレードを利用すれば、為替取引を実際に体験することができます。FXとはどのようなものか、バーチャルマネーを実際の相場を見ながら売買することでふやしていくという、オンラインのシミュレーションです。FXをぶっつけ本番でやってみても、用語や操作でわからないことは多く、トラブルも発生しかねません。デモトレードなら、初めての人でも安心してできます。デモトレードで経験を積んでから本当のお金で取引をすることによって、安心してFXをすることができるようになるでしょう。

デモトレードではうまくいっていたのに、実践になったら失敗続きという人もいるようです。とっさの判断や決断に関しては、デモトレードの中での操作の方が的確な行動ができてしまうという話も決して珍しくはないようです。たとえデモトレードでも、本番同様の心構えで為替取引をすることで、FXの予行演習をすることができます。

FXと為替レート

  • 更新日:
  • FX

為替レートがどのように変動するかで、FX取引の帰趨は決まります。二国間通貨の交換比率のことを、為替相場、為替レートと呼んでいます。国家間の経済的な関係や社会情勢などによって、為替レートは変わります。FX取引を行う時には、為替レートが今後どのように変わっていくかを予想し、得をするように取引をしなければなりません。

相対取引という取引方法がFXでは用いられています。為替相場や取引量がある範囲内である時にできるものです。FXの相対取引は、世界各地の市場で常に行われています。二国間の通貨が為替レートなので、通貨の組み合わせの数だけレートがあります。為替レートは一定の数字が決まっているかといえば、そんなことはありません。その通貨に対する需要と、国から発行する通貨の供給量などに応じて相場は決まることから、状況に大きく左右されます。

今保有しているユーロを日本円に替えたいので、多少は交換比率が不利でも早く取引をしたいという人もいるでしょう。取引条件がいい時になったら、ユーロを保有して今持っている通貨を売りたいという状況もあります。実際の取引では、FXの取引のように為替レートに厳密に従う形で行うことばかりとはいえないといいます。

FX為替取引とは

  • 更新日:
  • FX

外国為替証拠金取引の略称をFXといい、最近は多くの人が行っています。為替変動によって取引差益を得るという資産運用法です。例えば、ユーロが日本円に対して安くなっている時に買い、高くなった時に売れば差益が入ります。スワップポイントによる利益も、FX取引の旨味といえるでしょう。スワップポイントとは、異なる二国間の通貨の金利差です。日本円の金利が1%、ニュージーランドドルの金利が4%だったとします。金利1%の日本円で、金利4%のニュージーランドドルを買えば、ニュージーランドドルを持っている間は差分の金利が入ります。

スワップポイントがFX取引の主目的であり、為替差益のことは余禄的なものだと考えている人も案外といるといいます。スワップでも、売買益でも、FXでは資産をふやしていくことが可能です。このほかにも、FXが近年多くの人に利用されている事情があります。資産が多くない人でも、FX取引で利益を出すことができるといいます。レバレッジという仕組みを利用して取引をすることができるため、少額資金でも効率的な売買が可能です。土日を除きどんな時間帯でも為替取引ができることも、FXのメリットといえます。家庭の主婦や、第一線で働いているビジネスマンでも、FXのような外国為替取引市場が開いている時はいつでも家からできる取引は便利です。

為替スワップポイントの注意点

  • 更新日:
  • 外国為替

スワップとは、為替取引を行ったことで発生する二国間の金利差のことになります。スワップポイントを知る時には、どういった点を踏まえるべきでしょうか。最初に知っておくべきことは、スワップポイントとは通貨間の金利の差であるという点です。金利が変われば通貨間の金利差も変わり、スワップポイントも変化するわけです。

現時点で、日本はほぼゼロ金利状態が続いています。もしもドルより高金利通貨になった場合は、スワップポイントは今とは逆にドルを買うとマイナスになるというわけです。スワップポイントを目当てに、金利の高い通貨を買う人は少なくありませんが、何かの契機に金利差が変われば、当てにしていたスワップポイントは入りません。スワップポイントは、取引額に応じて決まります。そのため、レバレッジに対して注意をしておくことも、見逃せない点であるといえます。1万ドルを1年間保有していた場合、現状の金利差ならば1年後のスワップポイントは5万円以上です。しかし、証拠金が5万円だったならレバレッジは相当な倍率です。

順当にいけば資産を増やすことができますが、レバレッジの高い取引はリスクが高くなります。ほんの数円の値動きがあっただけで、ポジションは閉じられて多大な損が残るでしょう。常識的に考えて、1回でも数円単位の為替変動がなく一年間ポジションを持てることはありません。含み損が多くなった時点で更に資金を投入するやり方もありますが、相場の値動きは予測しづらいものです。スワップポイントよりも、取引レートの変化の方が、取引利益に与える影響は大きくなりがちです。長期的に外貨を保有することでスワップ益を取りたい場合は、為替変動にも耐えられるよう、レバレッジを高くしすぎないようにすることが大事です。

ドル為替とFX

  • 更新日:
  • ドル為替

a1640_000079.jpg

ドル為替とFXについてです。FXというのは外国為替取引のことです。小額の資金で何倍もの金額の取引ができるのが大きな特徴となっています。銀行などの金融機関で取り扱われている外貨預金のように実際に売買する外貨相当のお金が必要ありません。資金が少なくとも、高額の売買ができることがFXの魅力です。手持ちの資金の運用で利益を出そうとすると、元手となる金額は高くなりやすいものです。大口の資金がなくてもFXは開始することができ、口座開設の手続きも難しくないため、初めての人でもおすすめです。

外貨を高く売って安く買う、あるいはは安く買って高く売る等の売買取引で、差益を出し、資産を増やすことができるというわけです。FXは、ドルなどの為替レートがどう変動するかを見極めて、売買するわけです。為替レートはもちろんのこと、ドルを通貨としているる国の経済状況にも気を配る必要があります。初体験の人でも、少しずつ挑戦していけることがFXの魅力です。FXならではの用語もありますが、やっていくうちに覚えることもできます。

これまで資金運用の手段として使われていた株式投資や外貨預金は手数料の問題がありましたが、FXの手数料はさほど高額ではありません。外国為替取引市場は平日はいつでもやっているため、ネットからの操作でいつでもできるという魅力があります。FXを使えば、ドルと円の為替相場の動きを活用して、効率的に差益を出すことが可能です。

ドル為替の影響

  • 更新日:
  • ドル為替

ドルの為替レートが変動する事で、経済や景気などにはどんな影響があるのでしょうか。日本はいろいろな国から材料を輸入してそれを加工して輸出する事が多い加工貿易産業が盛んです。円安ならば商品価格が下がって、輸出時の競争力が上がります。日本の貿易がより強くなるには、円が安いドルが強い状況が続くことが好ましいと言われているようです。

逆に、製造コストを押さえても、円高ドル安では海外に商品を売る時の金額が安くできません。利益を維持しながら商品を販売するためには、あまりに円高がすぎると自国の商品を外国で売ることが難しくなってしまいます。円高傾向になると、日本の大手自動車メーカーの年間売り上げ予測が下方修正される理由です。アメリカなど外国から日本に来る人にとってはどうでしょうか。円高では、米ドルを多めに持ってきていても以前ほど多くの日本円が手に入らないため、買い物の自由度が減ってしまいます。海外旅行客にとっては厄介な話といえます。

為替の交換比率は、どちらがいいというものでありません。円高になればなったなりの、円安になればなったなりの得と損がありますので、どちらがいいとは言いきれません。現在は円高ドル安の傾向にありますが、そのことは国内経済に大小様々な変化をもたらしています。

ドルの為替レートとは

  • 更新日:
  • ドル為替

ドル為替については、ニュースなどで良く聞くことがあると思いますが、実際のところ為替とは何なのでしょうか。為替というのは、通貨が異なる異国間同士の賃借の時に現金を送らずに手形や小切手などを使って、振り替えて決算する方法のことです。外国為替、外為と呼ばれる取引形態のことを呼んでいます。

FXという呼称も用いられていますが、これはForeign Exchangeの頭文字です。何らかの理由で、手持ちの日本円を一部アメリカドルに交換したいという場合、ドル為替の利用が必要です。アメリカ国内で何らかの買い物をしたい場合、米ドルを準備しておく必要があります。円をドルに換金しなくてはいけないのですが、換金するときに大切なのがドル為替のレートです。為替レートというのは、世界各国で通貨が取引されていますが、取引水準の事をこう呼んでいます。

為替レートは変動相場制にしている国が多く、その時々に応じて通貨の交換比率が違います。テレビで取り上げられる話題に円高や円安があります。今まで1ドルあれば100円に換金できたものが、1ドルあっても90円にしかならなかった場合、円の価値が上がり円高状態と見なされます。為替レートを扱っている限りは、ドルと円だけでなく他の通貨でも起こりうる話です。

このページの上部へ