外国為替の取引をする人が、最近円高が進んでいることもあり増えています。外国為替レートの変化を利用し、コストを抑えて資産運用を効率的に行う外国為替証拠金取引が人気のようです。

実際に外国為替証拠金取引ですることはどんなことでしょうか。外国為替証拠金取引の基本は、先物取引や株取引に似ています。通貨を取引し、値動きに応じた利益を得ることができます。売買を行う通貨のペアを選び、どちらかを売ったぶんでどちらかを買いますが、金銭の移動は数字上のものとなります。代表的な為替取引としては、米ドルを借りて売り、円を買って貸すという米ドル円買いがあります。反対の場合には損失が出ますが、カバーするために証拠金を預けるのです。商品取引や株式の信用取引と同じように先に外貨を売ることも可能です。円が強い時期でも、売り注文で益が見込めます。

売買取引については、株や信用取引のように機嫌が定められてはいません。金利が通貨には決まっていますので、金利の高い国の通貨を持っておくことで金利に応じた利益が生じます。外国為替証拠金取引で得た差益は金利によるものも含め、雑所得として課税対象になります。外国為替証拠金取引を行う上では、納税に関する知識も必要になるのです。