変動相場制が現在の世界の通貨取引は多くの場合採用されています。為替レートが変動する仕組みとはどのようなものなのでしょうか。外国為替は相対取引が原則になっていますが、そのような中での変動相場とはどういった位置づけになるのでしょう。取引に参加している人達がどう考えるかで、最終的な価格は決定します。為替レート自体は、取引時には強制力はありません。けれども、全く指針がなければ交換レートの決めようがありません。

そういった事情もあり、為替市場では銀行間で為替の取引レートを幾つに設定しているかを基準に決定しています。銀行やディーラーが外国為替市場でどんな取引をしているかというわけです。株価と同じように、通貨同士の交換比率は重要と供給により決まるというわけです。外国為替では変動相場を採用している通貨と固定相場を採用している通貨があります。

多くの先進国では、変動相場制を採用しています。外国為替市場のその時々の動向によって、為替レートは絶えず変わっています。国によっては固定相場制を採用していますが、その場合は為替市場に通貨当局が介入し、変動幅を1%以内に調節しています。為替レートを固定している国は通貨当局がレートを固定するための介入を繰り返しています。変動相場で外貨を売買している日本では、変動幅が大きく動いています。