a1180_001395.jpg

為替レートは基本的に需要と供給のバランスによって変動するものですが、実際にはどのような理由で変動するのでしょうか。それぞれの国の経済力や通貨の強さを示すのが、為替レートというものです。多くの人が円を求めている時は円の需要が上がり、円を買い求めるために必要な外貨高が多くなります。円が強くなることを円高といいます。

為替レートを決定するのは、その通貨にどこまで価値があるかという要素であり、その国の金利、成長率、経済力などによります。買いたい人が多いほど必然的に値段が吊り上がるのは、株でも、外貨でも同じであるといえます。主に経済的な力をどこまでその国が持っているかで外貨を使った取引量は決定し、それらによってその時々の為替レートが決定しています。輸出業者や輸入業者は決済において当然為替の売買をするのですが、外貨の売り買いの需要と供給も為替の変動に影響を与えます。

為替レートの変動に最も影響を与えるのは、金利差という考えです。金利が高いと経済が好調であると判断されるようです。要人発言も、為替レートの推移と無関係ではありません。政治や経済の重要な発言を見逃さないようにしましょう。どんな立場にいる人が、どのような発言をするかによって為替レートが大幅に変わることがありますので、常に関心を持っていくことです。為替のレートは、政治や経済中枢にいる人が子今後どんな考え方をしているかでも大幅に変動します。政治、経済、国家情勢、金利など、為替レートを決定しているのは色々な要因になります。