為替レートは社会の様々な要因によって変動するのですが、為替レートはどのように変動するのでしょうか。為替レートは需要と供給によって取引されるので変動するものです。ある通貨を売って別の通貨を買うというのが為替取引の流れです。保有していた日本円を手放し、代わりに同価値の米ドルを買うということができます。ドルを得るために幾らの円を支払いたいと言った場合に、その金額でドルを売ろうという人がいれば取引は成り立ちます。

米ドルを求める人が増えれば米ドルの価値が高くなり、値段を決定する時も米ドルが強くなるわけです。円を求めるためにドルを放出して構わないという人が増えれば、円高ドル安になります。ドルを売りたいという人がたくさんいれば、安いレートでもたくさんの人が売りたいと思うのでドルが売られて円が買われます。為替レートは円高ドル安へと変動するのです。需要と供給のバランスが動くのには理由があります。通貨が強くなる国とは、経済発展が進んでおり、地形的・政治的なリスクが少なく、これからの需要が見込めるであろう国の通貨といえます。

為替レートをアップさせるようなその国への需要は、健全性が高いかどうかという点も重要視されているようです。国ごとに定められている金利も、為替レートに密接に関わっています。金利が高い通貨が保有していれば運用益が入りますので、必然的に人気が集まってきます。政治情勢や経済の発展性によって、為替レートの変動は決定しています。