ドル為替については、ニュースなどで良く聞くことがあると思いますが、実際のところ為替とは何なのでしょうか。為替というのは、通貨が異なる異国間同士の賃借の時に現金を送らずに手形や小切手などを使って、振り替えて決算する方法のことです。外国為替、外為と呼ばれる取引形態のことを呼んでいます。

FXという呼称も用いられていますが、これはForeign Exchangeの頭文字です。何らかの理由で、手持ちの日本円を一部アメリカドルに交換したいという場合、ドル為替の利用が必要です。アメリカ国内で何らかの買い物をしたい場合、米ドルを準備しておく必要があります。円をドルに換金しなくてはいけないのですが、換金するときに大切なのがドル為替のレートです。為替レートというのは、世界各国で通貨が取引されていますが、取引水準の事をこう呼んでいます。

為替レートは変動相場制にしている国が多く、その時々に応じて通貨の交換比率が違います。テレビで取り上げられる話題に円高や円安があります。今まで1ドルあれば100円に換金できたものが、1ドルあっても90円にしかならなかった場合、円の価値が上がり円高状態と見なされます。為替レートを扱っている限りは、ドルと円だけでなく他の通貨でも起こりうる話です。