ドルの為替レートが変動する事で、経済や景気などにはどんな影響があるのでしょうか。日本はいろいろな国から材料を輸入してそれを加工して輸出する事が多い加工貿易産業が盛んです。円安ならば商品価格が下がって、輸出時の競争力が上がります。日本の貿易がより強くなるには、円が安いドルが強い状況が続くことが好ましいと言われているようです。

逆に、製造コストを押さえても、円高ドル安では海外に商品を売る時の金額が安くできません。利益を維持しながら商品を販売するためには、あまりに円高がすぎると自国の商品を外国で売ることが難しくなってしまいます。円高傾向になると、日本の大手自動車メーカーの年間売り上げ予測が下方修正される理由です。アメリカなど外国から日本に来る人にとってはどうでしょうか。円高では、米ドルを多めに持ってきていても以前ほど多くの日本円が手に入らないため、買い物の自由度が減ってしまいます。海外旅行客にとっては厄介な話といえます。

為替の交換比率は、どちらがいいというものでありません。円高になればなったなりの、円安になればなったなりの得と損がありますので、どちらがいいとは言いきれません。現在は円高ドル安の傾向にありますが、そのことは国内経済に大小様々な変化をもたらしています。