スワップとは、為替取引を行ったことで発生する二国間の金利差のことになります。スワップポイントを知る時には、どういった点を踏まえるべきでしょうか。最初に知っておくべきことは、スワップポイントとは通貨間の金利の差であるという点です。金利が変われば通貨間の金利差も変わり、スワップポイントも変化するわけです。

現時点で、日本はほぼゼロ金利状態が続いています。もしもドルより高金利通貨になった場合は、スワップポイントは今とは逆にドルを買うとマイナスになるというわけです。スワップポイントを目当てに、金利の高い通貨を買う人は少なくありませんが、何かの契機に金利差が変われば、当てにしていたスワップポイントは入りません。スワップポイントは、取引額に応じて決まります。そのため、レバレッジに対して注意をしておくことも、見逃せない点であるといえます。1万ドルを1年間保有していた場合、現状の金利差ならば1年後のスワップポイントは5万円以上です。しかし、証拠金が5万円だったならレバレッジは相当な倍率です。

順当にいけば資産を増やすことができますが、レバレッジの高い取引はリスクが高くなります。ほんの数円の値動きがあっただけで、ポジションは閉じられて多大な損が残るでしょう。常識的に考えて、1回でも数円単位の為替変動がなく一年間ポジションを持てることはありません。含み損が多くなった時点で更に資金を投入するやり方もありますが、相場の値動きは予測しづらいものです。スワップポイントよりも、取引レートの変化の方が、取引利益に与える影響は大きくなりがちです。長期的に外貨を保有することでスワップ益を取りたい場合は、為替変動にも耐えられるよう、レバレッジを高くしすぎないようにすることが大事です。