外国為替 一覧

為替スワップポイントの注意点

  • 更新日:
  • 外国為替

スワップとは、為替取引を行ったことで発生する二国間の金利差のことになります。スワップポイントを知る時には、どういった点を踏まえるべきでしょうか。最初に知っておくべきことは、スワップポイントとは通貨間の金利の差であるという点です。金利が変われば通貨間の金利差も変わり、スワップポイントも変化するわけです。

現時点で、日本はほぼゼロ金利状態が続いています。もしもドルより高金利通貨になった場合は、スワップポイントは今とは逆にドルを買うとマイナスになるというわけです。スワップポイントを目当てに、金利の高い通貨を買う人は少なくありませんが、何かの契機に金利差が変われば、当てにしていたスワップポイントは入りません。スワップポイントは、取引額に応じて決まります。そのため、レバレッジに対して注意をしておくことも、見逃せない点であるといえます。1万ドルを1年間保有していた場合、現状の金利差ならば1年後のスワップポイントは5万円以上です。しかし、証拠金が5万円だったならレバレッジは相当な倍率です。

順当にいけば資産を増やすことができますが、レバレッジの高い取引はリスクが高くなります。ほんの数円の値動きがあっただけで、ポジションは閉じられて多大な損が残るでしょう。常識的に考えて、1回でも数円単位の為替変動がなく一年間ポジションを持てることはありません。含み損が多くなった時点で更に資金を投入するやり方もありますが、相場の値動きは予測しづらいものです。スワップポイントよりも、取引レートの変化の方が、取引利益に与える影響は大きくなりがちです。長期的に外貨を保有することでスワップ益を取りたい場合は、為替変動にも耐えられるよう、レバレッジを高くしすぎないようにすることが大事です。

外国為替証拠金取引の業者選び

  • 更新日:
  • 外国為替

外国為替証拠金取引において一番重要なのは業者選びです。どのようなことに注意して証拠金を預ける業者を選べば良いのでしょうか。外国為替証拠金取引取で業者を選ぶときには、なんといっても信用できるかどうかということです。一回の取引にかかる手数料を加味することも、業者を見極める際には重要です。

消費者相談センターに寄せられる外国為替証拠金取引に関する苦情は、以外と多いようです。リスクを集中させないために、いくつかの業者の口座を開いて利用するという考え方もあります。どのような取引をすればいいか、電話で話しを聞きながらやり取りができるような業者を使う人もいますが、人の言葉で左右するような状況は考えものです。有名な為替アドバイザーなどが業者のホームページに寄稿していることもありますがすべてを信用するべきではありません。

海外の業者と取引をすることもできます。英語に自信があれば利用してみても良いでしょう。高いレバレッジで取引をしたい人、手数料がかからないところを探したい人など要望はいろいろです。海外の会社は、外国為替証拠金取引に慣れてからトライするという方法もあります。業者によっては送料の問題や、トラブルサポートが行き届いているかなどの問題もあります。経営に伴うリスクは、どんな会社でもあるものです。もしものことが起きたら、預けていたお金が戻ってこないこともあります。

外国為替証拠金取引のリスクとリターン

  • 更新日:
  • 外国為替

外国為替証拠金取引では一定の利益を得られるようですが、リスクも伴うものです。どのようなリスクとリターンがあるのでしょうか。実際に売買する外貨の額に比例するのが為替リスクというものです。業者に証拠金を預けると、運用できる金額は証拠金の10倍以上にできることが外国為替証拠金取引の魅力です。大口の取引をすると、それだけ大きな売買損益が出ることになります。

外国為替ではなく株取引を行っているならば、株価はある範囲以上は増えないし減らないので、変動幅に制限がつきます。貨幣は価値が暴落、暴騰しても取引がなくなることはありませんので、株のように取引が続かなくなってしまうことはないようです。業者に起因するリスクが問題となるのが外国為替証拠金取引です。業者が倒産した場合、業者に預けてある証拠金を取り返すことが困難になる場合があります。業者がどのように資産運用をしているかによっては、経営的な危機に陥る場合もあるでしょう。業者側のシステム的なトラブルで、こちらの意図どおれの取引ができなかったということもあります。

為替変動値を表す業者サイドのプログラムに不具合が生じるなどで、狙ったレートでの取引ができなかったという人もいます。外国為替証拠金取引のリスクを少しでも減らすためには、リスクの一端となり得る業者選びは慎重に行う必要があるのではないでしょうか。

外国為替証拠金取引とは

  • 更新日:
  • 外国為替

外国為替の取引をする人が、最近円高が進んでいることもあり増えています。外国為替レートの変化を利用し、コストを抑えて資産運用を効率的に行う外国為替証拠金取引が人気のようです。

実際に外国為替証拠金取引ですることはどんなことでしょうか。外国為替証拠金取引の基本は、先物取引や株取引に似ています。通貨を取引し、値動きに応じた利益を得ることができます。売買を行う通貨のペアを選び、どちらかを売ったぶんでどちらかを買いますが、金銭の移動は数字上のものとなります。代表的な為替取引としては、米ドルを借りて売り、円を買って貸すという米ドル円買いがあります。反対の場合には損失が出ますが、カバーするために証拠金を預けるのです。商品取引や株式の信用取引と同じように先に外貨を売ることも可能です。円が強い時期でも、売り注文で益が見込めます。

売買取引については、株や信用取引のように機嫌が定められてはいません。金利が通貨には決まっていますので、金利の高い国の通貨を持っておくことで金利に応じた利益が生じます。外国為替証拠金取引で得た差益は金利によるものも含め、雑所得として課税対象になります。外国為替証拠金取引を行う上では、納税に関する知識も必要になるのです。

このページの上部へ