為替レート 一覧

為替レート変動の流れ

  • 更新日:
  • 為替レート

為替レートは社会の様々な要因によって変動するのですが、為替レートはどのように変動するのでしょうか。為替レートは需要と供給によって取引されるので変動するものです。ある通貨を売って別の通貨を買うというのが為替取引の流れです。保有していた日本円を手放し、代わりに同価値の米ドルを買うということができます。ドルを得るために幾らの円を支払いたいと言った場合に、その金額でドルを売ろうという人がいれば取引は成り立ちます。

米ドルを求める人が増えれば米ドルの価値が高くなり、値段を決定する時も米ドルが強くなるわけです。円を求めるためにドルを放出して構わないという人が増えれば、円高ドル安になります。ドルを売りたいという人がたくさんいれば、安いレートでもたくさんの人が売りたいと思うのでドルが売られて円が買われます。為替レートは円高ドル安へと変動するのです。需要と供給のバランスが動くのには理由があります。通貨が強くなる国とは、経済発展が進んでおり、地形的・政治的なリスクが少なく、これからの需要が見込めるであろう国の通貨といえます。

為替レートをアップさせるようなその国への需要は、健全性が高いかどうかという点も重要視されているようです。国ごとに定められている金利も、為替レートに密接に関わっています。金利が高い通貨が保有していれば運用益が入りますので、必然的に人気が集まってきます。政治情勢や経済の発展性によって、為替レートの変動は決定しています。

為替レート変動に影響するもの

  • 更新日:
  • 為替レート

a1180_001395.jpg

為替レートは基本的に需要と供給のバランスによって変動するものですが、実際にはどのような理由で変動するのでしょうか。それぞれの国の経済力や通貨の強さを示すのが、為替レートというものです。多くの人が円を求めている時は円の需要が上がり、円を買い求めるために必要な外貨高が多くなります。円が強くなることを円高といいます。

為替レートを決定するのは、その通貨にどこまで価値があるかという要素であり、その国の金利、成長率、経済力などによります。買いたい人が多いほど必然的に値段が吊り上がるのは、株でも、外貨でも同じであるといえます。主に経済的な力をどこまでその国が持っているかで外貨を使った取引量は決定し、それらによってその時々の為替レートが決定しています。輸出業者や輸入業者は決済において当然為替の売買をするのですが、外貨の売り買いの需要と供給も為替の変動に影響を与えます。

為替レートの変動に最も影響を与えるのは、金利差という考えです。金利が高いと経済が好調であると判断されるようです。要人発言も、為替レートの推移と無関係ではありません。政治や経済の重要な発言を見逃さないようにしましょう。どんな立場にいる人が、どのような発言をするかによって為替レートが大幅に変わることがありますので、常に関心を持っていくことです。為替のレートは、政治や経済中枢にいる人が子今後どんな考え方をしているかでも大幅に変動します。政治、経済、国家情勢、金利など、為替レートを決定しているのは色々な要因になります。

変動為替相場と固定為替相場

  • 更新日:
  • 為替レート

変動相場制が現在の世界の通貨取引は多くの場合採用されています。為替レートが変動する仕組みとはどのようなものなのでしょうか。外国為替は相対取引が原則になっていますが、そのような中での変動相場とはどういった位置づけになるのでしょう。取引に参加している人達がどう考えるかで、最終的な価格は決定します。為替レート自体は、取引時には強制力はありません。けれども、全く指針がなければ交換レートの決めようがありません。

そういった事情もあり、為替市場では銀行間で為替の取引レートを幾つに設定しているかを基準に決定しています。銀行やディーラーが外国為替市場でどんな取引をしているかというわけです。株価と同じように、通貨同士の交換比率は重要と供給により決まるというわけです。外国為替では変動相場を採用している通貨と固定相場を採用している通貨があります。

多くの先進国では、変動相場制を採用しています。外国為替市場のその時々の動向によって、為替レートは絶えず変わっています。国によっては固定相場制を採用していますが、その場合は為替市場に通貨当局が介入し、変動幅を1%以内に調節しています。為替レートを固定している国は通貨当局がレートを固定するための介入を繰り返しています。変動相場で外貨を売買している日本では、変動幅が大きく動いています。

このページの上部へ